妊娠に葉酸は必要?

妊娠に葉酸は必要?

細胞分裂を活性化させる効果や、血流の増加や貧血予防などの効果などから、葉酸は妊婦に必要不可欠と言われています。

妊婦と赤ちゃんを守る栄養素!葉酸の効果について

kanngaeru2

妊婦になると途端に産婦人科や母親学級などで葉酸と言う栄養素を耳にします。葉酸は野菜類や海藻類、レバー、お茶類などに多く含まれますが、意識して摂取するには余りにも認知度が低い栄養素です。しかし、妊娠中の体や胎児にとって必要不可欠な栄養素として注目を浴びています。

葉酸は野菜や海藻類などに多く含まれているため、特に意識していなくても、バランスの良い食生活を心がけるだけで妊婦以外の人たちの日常生活に必要な分の葉酸は食事から摂取する事が可能です。

しかし、妊婦が必要とする量は、400マイクログラムと、食事から摂取するだけではいくら意識しても不足しがちです。そのため、妊婦もしくは妊娠したいと考えた時から食事とサプリメントできちんと補給する必要があるのです。

妊婦が必要不可欠と言われる葉酸は、妊婦や胎児にとってどのような効果をもたらすのでしょうか。妊娠の経過と共に、妊婦や胎児にとってどのような働きからどのような効果をもたらすのかを紹介していきます。

妊婦や胎児にとっての葉酸の効果について

妊娠が分かって産婦人科や母親教室に行くと、葉酸の必要性やサプリメントなどを紹介されます。妊娠初期で葉酸を必要とするのは、胎児が着床した後、胎児が引き起こす可能性が多い、神経管閉鎖障害のよって起きる、無脳症や二分脊椎などのリスクを低くすると考えられています。

また、妊娠中は胎児にも栄養を送らなくてはいけないため、母体は栄養不足や血液不足などに陥りやすいのですが、葉酸の造血作用が赤血球を増やし、胎児へ栄養を運ぶ血液や母体の血流が増えるので、胎児の栄養不足や母体の貧血を予防軽減させる働きがあります。

また、鉄分を増やす働きもあるため、鉄分が不足することによって妊婦が引き起こすリスクが高い、氷食症やむずむず脚症候群の予防効果があります。

授乳期も葉酸は必要です。母乳で育てる赤ちゃんの場合、葉酸を積極的に摂取することで、母乳を通して赤ちゃんにも葉酸が送られ、赤ちゃんの発達障害などのリスクを減らしてくれます。

葉酸を多く含む食品を中心にした食事をする事によって、いくらか普段より葉酸を多く摂取することができますが、調理することによって食べ物の葉酸は表示されている量の半分ほどに減る可能性があります。

そのため、必要量を効率よくするためには、バランスの良い食事に心がけた後、葉酸のサプリメントで補うと良いです。

妊婦に不可欠!葉酸の正しい摂取方法

葉酸はほうれん草の葉から発見されたビタミンB群のひとつの栄養素で、葉物野菜や豆類、海藻類、レバー、お茶類などに多く含まれています。

水溶性ビタミンのため調理加工している間に熱や水分で壊されていき、料理されて食卓に出る頃には、表示の量の半分ほどに減ってしまいます。

葉酸は、核酸を増殖させる働きから、細胞分裂に必要不可欠な栄養素と言われています。また、造血作用などもあることから貧血の予防や軽減などにも効果があるとされています。このような働きから妊娠中、授乳中に必要不可欠な栄養素と注目を浴びているのです。

葉酸は、妊娠をしていない男女は240マイクログラム必要と言われています。この量であれば葉酸を多く含む食べ物をメインにして、積極的にメニューに取り入れることで食事だけで補う事が可能です。

しかし、妊娠直前から授乳期までは480マイクログラム必要と言われており、食事で必死に補っても不足しがちです。そのときのために葉酸サプリがあるのです。

摂取

妊婦に必要な葉酸はこうして補え!!

まずは基本的には食事で補う方法を考えます。多くの食材の中から葉酸をより多く含む食べのものを積極的に用いて、献立を工夫することにより普段の食生活よりは多く葉酸を摂取する事ができます。

しかし、葉酸は水溶性ビタミンであるため、毎日摂取しても不要な分は尿などで排出されるため、毎日継続摂取しなければならないことや、煮物や炒め物など、熱を加えたり水に浸けたりすることによって、表示の含有量の半分くらいに減ってしまうと考えられています。

そのため、サプリメントに頼らずに、食品だけで必要量の葉酸を摂取する場合は、葉酸の多く含まれた食品を中心にしたメニューを毎日継続して摂取する事が大切です。

しかし、妊婦はつわりや育児の忙しさなどから自分の食事にまで気が回らないと言う人も多いです。そこで注目されているのが葉酸のサプリメントです。

しかし、いくら水溶性ビタミンとはいえ、若い世代で900マイクログラム、中年で1000マイクログラムを超えて摂取すると、発熱や痒み、呼吸障害、蕁麻疹などの葉酸過敏症を引き起こす可能性が高くなるので、食事療法にサプリメントも取り入れる場合にはサプリメントの葉酸量に注意して摂取するように心がけます。

バランスの取れた食生活と、正しいサプリメントの摂取方をしっかりと守ることで母体も胎児も健康を保つ事ができます。

 

妊娠に葉酸は必要?
カテゴリ
最近の記事